ワクチン予約

 


こんにちは。

昨日とうとう我が家にもワクチン予約クーポン券が届きました。

そして早速近所の大規模接種会場で最短で予約しようと思いましたが、

最短で8月後半。

夏休みは妻の実家の群馬に帰省したりしようと思っていたし、

お盆は自分の実家で親戚の集まりとかありそうだから早めに打ちたかったのに

後半になってしまったのは残念。。。

世間的には「ワクチン=怖いもの」と言われていましたが、

私はどちらかというと楽観的な気持ちでいました。

ただ、「いざ予約する」となると、色々と迷うんだなーと思いました。

「副反応があったらどうしよう」とか「ほとんど家にしかいないのに意味があるのか」とか。

とはいえ全世界でここまで打たれているし、それよりも「COVID19」に

どれだけ苦しめられたことか。

2019年は8ヶ月間の休業を終え、「2020年1月元旦に再開」と銘打って、

2019年の秋にフランスに行って在庫も抱え、

たくさんの年賀状を送って再開をお知らせし、1月は順調に売り上げを伸ばしていたのにも

かかわらず、2月から連日コロナウィルスのニュース。

3月から数ヶ月間は海外に発送はできなくなり。

子供たちは遊びに行きたい場所でも暑苦しいマスクをつけなくてはいけないし。

あれから1年半。

もう終わらせたい。「そのためなら感染リスクは少ないけど打つしかない!」と

思えました。

またできるだけ高齢者と中年たちが打ちまくれば、

若者は打たなくても良くなるんじゃないかとも思いました。

若者はこれからまだまだ先はあるし、もし何年後かに判明する副反応が

あったとしたら、若ければ若いほど不利。

だからこそ自分の子供たち、10代の若者、20代前半の若者たちは打たなくても

良いように、私たちが実験台になってあげたほうが良いなと思いました。


そして来年には海外買い付けに行けたり、

世界中の人とまた交流できるようにしたい。

去年、今年、このコロナ禍なのに海外での展示機会が多かったので

来年ももっと増やし、自ら展示会場に行ってコミュニケーションを取り、

佐々木洋品店を広めたいなと思います。


日々DMM英会話で英語の勉強はしていますが、まだまだ話せない・・・。

やばい、急がないと!

コロナ禍の間にしゃべれるようになっておきたい!


コメント

このブログの人気の投稿

海外販売へのリスク

イギリスのアンティーク/UK antique smock-frock

近況報告させてください。