古布衣と古道具、あともう少し

 




こんにちは。

私たちの展示会「古布衣と古道具」まであと2週間を切りました。

今回一緒にこの展示会を盛り上げる昭和kichiさんと先日話し合いのため

会場で待ち合わせをしました。



会場となる「母家」さんで、レイアウトの確認とどれくらいの量を準備するかなどなど。

話を詰めていくと、とうとうこの展示会の現実味が帯びてきました。

私たちはこの展示会のために作品をたくさん作ってきましたが、

それよりも運よくアンティーク古着もたくさんゲットできたので、

出し惜しみせずに全て並べたいと思います!

それに合うように昭和kichiさんも古道具を持ってきくれると思います。

何度か昭和kichiさんに行ったことがあるのですが、

広い店内には所狭しと道具が置いてあります。





こんなにたくさんの古道具を持ってらっしゃるので、

「どういう感じのものを持ってくるんですか?」

と聞くと、

「テーマを決めて持ってきます」

とのこと。

古道具の出店ではいつも一つのテーマを決めて、そこに合うものを

持っていくそうです。

「この考えはなかったなーー、面白そう!」

そう思いました。


さて、私のMITSUGU SASAKIでは


こんな感じで持っていきます。

私のコーナーとなるところでは、

ヨーロッパのワークウェアなどと一緒に並べる予定です。

洋服の中ではだいぶ「コッテリ」としたジャンルです。

そして妻の作る「ササキチホ」とアンティークリネンナイトドレスは

シンプルで「アッサリ」とした雰囲気となります。

「コッテリ」服と「アッサリ」服と古道具。

絶対に面白い展示会になると思いますので、

ぜひご来場くださいませ。

場所は

宮城県大崎市岩出山下野目沖川原134

の「いぐねのなかの小さなギャラリー母家」さんです。









どうぞよろしくお願いします。


コメント

このブログの人気の投稿

イギリスのアンティーク/UK antique smock-frock

古布衣と古道具

海外販売へのリスク