古布衣と古道具展の準備

 


こんにちは。

ここ最近は製作というよりも展示会のための準備をしておりました。

古着の値段をつけたり、一旦並べてみたり、ディスプレイを考えてみたりなど。

一応ネットショップには作品を掲載しておりますので、

そちらもチェックしてくださいませ。


ということで、上の画像は全て古着になります。

大体ヨーロッパのアンティークリネンやアンティークコットンのナイトドレス。


こういう感じのゆったりとしたシルエットのワンピースになります。

こういうワンピースを約100枚ほど準備できました。

「アンティークリネン」や「アンティークコットン」というのは

その名の通り、約100年近く前の生地になります。

妻が製作している「ササキチホ」のアンティークリネンはまさにその通り。

実物を見ると、そんなに古く感じないのですが、

糸や縫製、レースなどを見ていただくと、今の洋服では見られないと思います。

なんせとても細かく、たまに手縫で縫われていることもあるからです。

ちなみに大体がフランスのもの、たまにドイツのものが混ざっています。

フランスとドイツは隣同士、実は文化も似てたりするので、

ワンピースもワークウェアも似てるものが多いです。

その見分けは難しいので、気になる方はぜひ展示会場で私に聞いてみてください!

では、お楽しみに!


コメント

このブログの人気の投稿

イギリスのアンティーク/UK antique smock-frock

古布衣と古道具

海外販売へのリスク