ブラジルの人聞こえますかーー!

 



2020年5月某日。

インスタグラムのDMの通知音がなった。

「ストーリーズのリアクションかな?」とチェックすると、

英語でメールが届いていた。

----------------------------------------

こんにちは。

引越しも落ち着き、そしてネットショップにも少しずつ作品をあげています。

そんな中、今日はこちらのお知らせ。

ブラジルで発売されている雑誌「URDUME」にインタビュー記事を

掲載していただきました。

今日発売?なのかな。

インスタグラムにURDUMEの公式アカウント、そしてインタビュアーの方も

載せてたので、おそらく大丈夫でしょう!

今回はおそらく紙媒体は作らずに電子書籍のみなのかな?と思います。

なぜこんなに「???」なのかというと、ブラジルはポルトガル語。

全く読めません!笑

https://www.urdume.com.br/

-------------------------------------------

5月某日、新型コロナウィルスが猛威を奮っている中、

インスタグラムのDMにきたメールは英語で、

「私はブラジルのジャーナリストで、あなたの仕事を見ています。雑誌のインタビューを受けてくれますか?」

という事だった。

私はいつも通り即答しました。

「オフコース!イエス!」

(実際は英文の翻訳をして、意味を汲み取り、英語で返すのに10分。)

インタビューの質問は私について、私の作品について、古布について、

ワビサビについて、火事があったのでそれについてなどなど。

こう見えて私、なぜか外国人の方からメールで良くインタビューを受けます。

大体は大学生の論文とかで「ワビサビ」をテーマにしている人が多いので、

それ関連のメールが届いたら、英語の勉強のつもりで包み隠さず答えていました。

なので、今回も包み隠さず私について、私の家族、私の作品、私のこだわり、

私の逆境を生きるコツなどを答えました。

それがこちら。


--------------------------------------



「カッコよすぎ!」(自分で言います)

やばいっす!

佐々木貢、日本の真逆にあるブラジルの雑誌にデビューしました!

「ブラジルの人聞こえますかー!ぜひ読んでくださいね!」

ちなみにコロナ中ですので、もちろんインタビュアーの方は日本には来ていません。

カメラマンも来ていません。

以前の撮影スペースで作品をセッティングして、妻に撮ってもらいました。

私の髪型ちょっと変わりましたね!


このラーメンマンスタイルから、


リアルちょんまげスタイルへ!

長い部分がもう少し伸びたらまたラーメンマンスタイルに変えようかと思います。

佐々木洋品店は開始からずーっと海外販売してきました。

しかしほとんどが北米、欧州のお客様でした。

南半球ではオーストラリア・ニュージーランドの方のみ。

最近ではアジアの方も増えてきたのですが、南米にはまだ発送はしたことがありません。

このブラジルの雑誌でポルトガル語圏内にもアプローチできれば良いなーと思います!

「ブラジルの人聞こえますかー!これからもよろしくです!」










コメント

このブログの人気の投稿

Temporarily close store/一時休業のお知らせ

Bad news / 残念なお知らせ

My wife's words / 妻の言葉