パッチワークシャツのビフォーアフター

(Hello. I will write this article by English tomorrow. Please wait a little.)



こんにちは。
昨日群馬から帰ってきました。
私たちの小さな春休みを終え、今日からまたバシバシ仕事します!
作品をたくさん作っても売れるかどうか、売り上げが立つかどうかはさておき、
私たちは作品を世に出し、世界が通常運転になる頃には
「佐々木印」をたくさん見える状態にしておきたいです。
今はとにかく「耐え忍ぶ」。


さてさて、春休み前の掲載したこちらのワークシャツ 。


https://sasakiyohinten.ocnk.net/product/3050

このシャツはもともとがこんな感じでした。




このシャツはもともとフランスの1950年代頃のワークウェアになります。
使用感があり、破れがあり、色あせがあり、修理箇所があり。
至って普通のワークウェア。
このシャツをこうしました。




襟部分はかなり破損が多かったので、刺し子補修と当て布補修をしました。



背中にあった小さなダメージはこんな感じに。
わざと黒の太いステッチを使用しました。
私はダメージを隠すようなリペアはあまりしません。(ごくたまにやりますよ。)
ダメージを個性として考えていますので、個性を壊すことなく、そこを伸ばす!
子育てに近い感覚かもしれませんね!




色あせ部分は目立つパッチワークをしてみました。




私がパッチワークをしたところ以外にも汚れはたくさんあります。
もし気になる方は生地を縫い付けてみてもいいと思います!
私の作品にいろいろ付け加えたって良いんです!

https://sasakiyohinten.ocnk.net/product/3050




コメント

このブログの人気の投稿

イギリスのアンティーク/UK antique smock-frock

古布衣と古道具

海外販売へのリスク