Why do I patchwork?/佐々木のパッチワーク




こんにちは。
私はなぜパッチワークするのかを考えた。
いつから始めたのか?
佐々木洋品店を始めるときだ。
2014年、佐々木洋品店のオープン準備中。
妻は佐々木印を作っていた。
その当時からアンティークリネンと日本の古布を用いて、洋服を作っていた。

Hello.
I am thinking about why I do patchwork.
When did I start patchwork?
It’s in 2014.
We were preparing for opening SASAKI-YOHINTEN of real store at Gunma.
At the time, my wife have made SASAKI-JIRUSHI by antique linen and Japanese boro fabric.



私はその時、『どーすれば佐々木洋品店に貢献できるだろう』と考えた。
そして思いついたのが『古着をパッチワークする』でした。

I was thinking about “ How can I contribute to the SASAKI-YOHINTEN?”
And I came up with “I mend patchwork clothes”.



アメリカ古着のパッチワークでかっこいいものは少ないが、フランス古着のパッチワークでかっこいいものはたくさんあった。
私はまず最初にそれを真似した。
私の原点は『真似』をする事。
そしてたくさんのパッチワークアイテムを作り、パッチワークにも個性が出始めた。
それが今の縫い方だ。

French vintage clothes have a lot of cool patchwork item.
So first, I imitated it.
My starting point is imitate.
And I have been made a lot of patchwork item, and I have mastered my own sewing method.



そして今度は真似されたくないと思い始めた。
真似されないようにするにはどーしたら良いか?
それを考えて分かったのは、『真似することがリスクになるもの』
それがスーパーボロボロシリーズ。

And now I thought I wasn’t wanted to be imitated.
I thinking about what should I do to avoid being imitated?
I was thinking about it and then I found out .
This solution is “SUPER BORO BORO SERIES”



これはめちゃくちゃ時間をかけないとあーゆー感じにはならない。
なので時間を捧げないといけない。
『真似』をする人は手軽に『真似』をしたい。(経験者だからわかる事)
なので、手軽じゃないスーパーボロボロシリーズは真似されづらいし、もし真似されても、縫い方も違うし、ファンも違うから、私に影響はないと考えた。

Because we have to take time for making SUPER BORO BORO SERIES.
So those who do "imitation" can’t do "imitation" easily.
If someone imitated SUPER BORO BORO SERIES for taking long time, it is no longer my work.





今となっては、スーパーボロボロシリーズのパッチワークに何十時間もかけ、リペアするのにも一点数時間かけて、パッチワークしている。
昨日久しぶり12時間連続で手縫いのパッチワークをした。とても楽しく、あっという間だった。
きっとこれは天職だろう。

Anyway when I sew my works,  I am taking over 50hours for SUPER BORO BORO SERIES and taking a few hours for repair vintage clothes.
Yesterday, I have sewn my works 12 hours.
I was enjoying and not tired.
This is my life.




コメント

このブログの人気の投稿

イギリスのアンティーク/UK antique smock-frock

古布衣と古道具

海外販売へのリスク